アイロンでのワックス施工について

品質上の注意点がいくつかございますので紹介させていただきます。

ソール材質について

弊社のスノーボードに使用しているソールはこまめな清掃、ワックス施工することで品質の高い状態を長く維持し、その性能を発揮します。

ワックス浸透性について

ボードの温度やソールの種類によってワックスの浸透性に差が出ますが、柔らかく浸透しやすいワックス→硬く滑走性の高いワックスといった順番で使用することを推奨しています。

ソール融点について

ソール材質には超高分子量ポリエチレンを使用し、その融点は120℃〜130℃とされています。一定箇所にアイロンを停滞させたり、高温設定での直当てはソールの焦げ付き原因となり、滑走性を損なう恐れがありますのでご注意ください。

ソールの毛羽立ち

ソールは、滑走時の摩擦により微細な毛羽立ちが現れます。この毛羽立ちは抵抗となり滑走性を損なう大きな原因ですが、こまめなワックス施工にて毛羽立ちを軽減することができます。また、スクレーパーなどを用いて毛羽を削り取ることもできます。

リムーバーの使用に関して

ソール面の素材は使用する薬品によって変色、変形、溶解するおそれがあります。リムーバーご利用の際はスキー、スノーボード用のリムーバーをペーパー等に染み込ませて清掃してください。

ビンディングは外してください

ビスの締め付けによってソールが吸い上げられる現象が起こり、ワックス施工時にムラの原因となります。ビンディングを外しての施工を推奨しています。

上記に注意していただき、ワックス施工を行ってください。

施工方法に関しては使用するワックスメーカー推奨の方法で行ってください。

動画でさらに詳しく見る