コンベックスソールについて

コンベックスとは?

ノーズ(テール)側から見た際、ソール形状をほんのわずかに船底形状にする技術です。その逆をコンケーブといいます。

コンベックスにする2つの理由

1、コンベックスはボードをズラしたりスライドさせる際、エッジの抵抗を減らす仕組みになっています。コンベックスがあることで安易にボードを旋回させることが可能になります。

コンベックスの湾曲が強いボードはズラしやすく、湾曲が弱いボードほどエッジが早くかかり易くなります。

材料を重ねてプレスしています

2、芯材に木を使うため、製造段階にて個体差によりほんの僅かな湾曲が起こります。その際、平面設定で製造を行うとコンケーブ形状になる恐れがあるのでコンベックス設定にて製造し、コンケーブになることを防いでいます。

コンケーブになると?

コンケーブになるとボードが常にエッジがかかったような状態になり安易に止まったりズラしたり方向転換などが難しくなります。