VANG

 

「ただオーリーが高いから何が凄いの?」

 

という声もある。

しかし、飛ぶということは男のロマンではないだろうか?

少年時代、無意味に溝を飛び越えたり高いところから飛び降りた経験はないだろうか?

そのロマンをスノーボードという遊び道具に置き換えるとやはり高いオーリーには魅力を感じるものがあります。

 

 

「とにかくオーリーを。」

昨年までリリースしていたRT9-GTSという名前を一新し、新たにVANGというこのモデルをリリースすることにしました。

 

スノーボードをする中でオーリーの高さに注目している方も多いと思います。

このVANGは、とにかく高さを出すことに注力しているスノーボーダーにお勧めしたい一本です。

ビッグキッカーはもちろん、ナチュラルライディング、ゲレンデ脇の地形、フラットバーンまで、どんな雪でもしっかりと飛べるコンセプトになっています。

ストレートオーリーだけでこんなに楽しめる板が他にあるでしょうか?

 

 

高さの秘密はライディング性能と弾きやすさにあります。

 

まず、3段階に設定されたサイドカーブはノーズテールは強めに、センターに行くにつれ緩くなります。

そのためターンの入りではしっかり捉えることができ、センターに乗った時はマイルドにグリップし、ターン切り替え時はクイックに扱え、

質のいい滑りがオーリーエントリーの安定感につながります。

 

 

CA1キャンバーに搭載されたノーズテールのフラットゾーンは板を踏み始めてから

弾くまでの一連の動作を一貫して安定させてくれます。

安定するからいい体勢でいいしなりを生み、安定するからいい弾きを生み出してくれるのです。

それに加え、少しワイドに設定されたアウトラインがより一層オーリーの安定感を支えてくれています。

 

 

VANGはレングスラインナップを 147 / 150 / 152 / 154 と用意しています。

絶妙なフレックスバランスを設定しているので体格、身長に合わせて選んでいただけるようになっています。

 

「高さこそスタイル」

¥87000+TAX